e-論壇「議論百出」 e-論壇「議論百出」 グローバル・フォーラム グローバル・フォーラム
 「議論百出」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
中国本土、知的財産権について   
投稿者:真田 幸光 (埼玉県・男性・大学教員・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-08-09 18:59 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3353
 日本の経済界のみならず、世界的に見ても、「中国本土では、知的財産権を守ることが、実態的には難しい」と言う見方があり、私の実体験からしても同様のことを感じます。私が経験した一つの例を上げて申し上げますと、私が、中国本土企業に対して、融資に関する仕組み付きプロポーザルを提案したところ、その中国本土企業は私が提案したプロポーザルの仕組みを、提案書にて禁止していたにも拘らず、また、我々に何の連絡もなく、そのまま我々のプロポーザルの全てを他行に見せた上で、「もっと良い融資条件を得た」として、他行からの融資を決めました。これに対して、私は遺憾の意を示し、抗議をすると、「知識や経験を持つ先達がそのノウハウを無償で後進に教えることが正義である。それにまた、日本は中国本土から多くの文化的ノウハウを無償で得た歴史があるではないか! 何を、文句を言うか」と回答するではありませんか。司法に訴えても無駄であると、中国本土の司法当局の当時の様子を勘案、本件、抗議を断念した、と言う経験があります。なんと言うことかと思いました。

 こうした後、その中国本土も国際化が進み、世界のリーダー国として、国際標準を意識する動きが拡大し、今は、多分、知的財産権に対する国家としての姿勢も変わってきているものと思います。即ち、「中国本土政府は、2014年には知財紛争を専門に扱う裁判所を設立、また、助成制度などで知財の出願を奨励している。こうした結果、2014年の特許出願数は90万件超と5年間で約3倍伸び、特許訴訟は年間約9,000件となっており、特許訴訟の多いアメリカの約2倍の高水準にまで達している。これは中国本土政府がこの10年間で知財保護制度を急速に整えてきたことが背景にある」と中国本土の動きを肯定的に評価する見方が出ています。

 私もこれを否定はしません。しかし、私が知るところ、例えば、日本企業の様子を見ていると、中国本土での知的財産権による争いは、巨額の訴訟費用が掛かる上、所謂、アウェイで訴訟をしても、「たとえ負けないにしても、先ず勝てない」と言った考え方が強く、更に、訴訟になった場合は日本企業が被告になるケースがほとんどであることから、日本企業は知的財産権の侵害行為を確認しても、中国本土では、訴訟に踏み出すことまでは、今でもあまりしていないのではないかと思います。

 こうした中、今般、「中国本土企業が製作発表した映画で、“ウルトラマンが許諾なしに使用されている”として、日本の円谷プロダクションが、抗議の声明を発表した。法的措置を含む断固とした対応を取るとしている。作品は、広州藍弧文化伝播有限公司が10日に北京で製作を明らかにした、“鋼鉄飛竜之再見奥特曼”である。題名に“奥特曼=ウルトラマン”が入り、先行発表された映像にウルトラマンが登場する。円谷プロは、“当社は一切関知しておらず、ウルトラマンブランドを著しく毀損し、到底認められるものではありません”とのコメントを出している」とのニュースに接しました。果たして、中国本土の司法はどう出てくるでしょうか? 円谷プロは、最後まで、腰を引かずに戦い続けるでしょうか? 私は本件を通して、最近の中国本土の知的財産権に対する真の姿勢を確認できればと考えています。

No タイトル 投稿者 日時
3432 好調な米国経済の裏にあるリスク 大井 幸子 2017-12-15 17:19
3431 北朝鮮の“イスラムすり寄り”は無理 倉西 雅子 2017-12-14 10:08
3430 (連載2)「米国大使館のエルサレム移転」がふりまく ←  (連載1)「米国大使 六辻 彰二 2017-12-13 10:03
3429 (連載1)「米国大使館のエルサレム移転」がふりまく火種 六辻 彰二 2017-12-12 14:39
3428 ドイツ情勢と欧州、世界情勢について 真田 幸光  2017-12-11 13:25
3427 北朝鮮からの木造船漂着 倉西 雅子 2017-12-08 18:07
3426 ミレニアル世代はラストベルトを目指す 大井 幸子 2017-12-07 12:43
3425 (連載2)フランシスコ法王のミャンマー訪問がロヒン ←  (連載1)フランシス 六辻 彰二 2017-12-06 11:06
3424 (連載1)フランシスコ法王のミャンマー訪問がロヒンギャ問題にもつ意味 六辻 彰二 2017-12-05 18:48
3423 米国の威信について 真田 幸光 2017-12-05 10:16
3422 自衛隊が米軍による対北軍事制裁に参加するもう一つの意義 倉西 雅子 2017-12-01 17:48
3421 IMFの見る韓国経済について 真田 幸光 2017-11-30 18:15
3420 (連載2)クーデタに揺れるジンバブエと中国の「二股 ←  (連載1)クーデタに 六辻 彰二 2017-11-28 23:59
3419 EUと“一帯一路”の合わせ鏡に映る哀れなギリシャの姿 倉西 雅子 2017-11-28 16:11
3418 (連載1)クーデタに揺れるジンバブエと中国の「二股」戦術 六辻 彰二 2017-11-27 14:58
3417 (連載2)シンガポールについて ←  (連載1)シンガポールについて 真田 幸光 2017-11-25 15:55
3416 (連載1)シンガポールについて 真田 幸光 2017-11-24 18:27
3415 (連載2)「中東のバルカン半島」レバノンをめぐる宗 ←  (連載1)「中東のバ 六辻 彰二 2017-11-22 10:27
3414 (連載1)「中東のバルカン半島」レバノンをめぐる宗派対立 六辻 彰二 2017-11-21 15:52
3413 (連載2)習近平国家主席は“ビッグ・ブラザー”か ←  (連載1)習近平国家主 倉西 雅子 2017-11-18 17:02

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]