e-論壇「議論百出」 e-論壇「議論百出」 グローバル・フォーラム グローバル・フォーラム
 「議論百出」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
ドイツの影が見えるIOC会長の訪朝   
投稿者:倉西 雅子 (神奈川県・女性・政治学者・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-02-19 10:14 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3467
 “オリンピック外交”という用語まで登場し、すっかり政治化してしまった平昌オリンピック。トーマス・バッハIOC会長の訪朝までが取り沙汰されており、オリンピックの政治色は濃くなるばかりです。“スポーツの舞台に政治を持ち込まない”がオリンピックのモットーであったにも拘わらず、IOC会長自らが朝鮮半島問題に首を突っ込もうとするのですから、これは尋常ではありません。それでは、朝鮮半島とは無関係なはずのバッハ会長が訪朝する背景には、一体、何があるのでしょうか。

 バッハ会長の訪朝の理由は、北朝鮮側の招待に応えたとするものであり、平昌オリンピックを舞台とした南北融和を梃子に国際的制裁網を何としても緩めたい北朝鮮側の思惑が透けて見えます。その一方で、安易に北朝鮮側の要請に応じたバッハ会長側にも、何らかの意図が隠されているように思えるのです。第一に考えられる点は、バッハ会長の個人的な野心です。南北融和に積極的に関わり、何らかの成果をあげることができれば、出身国であるドイツ国内において、政治家として一定の評価を得られることができるかもしれないからです(結果的に、北朝鮮の核開発を止めることができなければ、逆に、評価が落ちる可能性も…)。すなわち、政治・外交に関与することで、バッハ会長は、将来における政治家等(ドイツ大統領?)への転身の道を開こうとしているのかもしれません。

 第二に推測されるのは、バッハ会長が、ドイツ政府の意向を受けて行動している可能性です。メルケル独首相は、以前より北朝鮮問題ついては対話による解決を訴えてきました。開会式前夜のレセプションでは、北朝鮮との接触を警戒したペンス米副大統領は5分で会場を後にしましたが、文在寅大統領が着席する主賓席テーブルの席順を見ますと、バッハ会長夫妻に加えて、ドイツのフランク=ヴァルター・シュタインマイヤー大統領夫妻も同じテーブルに席が用意されています。このことは、各国首脳の欠席が相次ぐ中、ドイツが大統領の出席を以ってホスト国である韓国に最大限の配慮を示したことを物語っています。そして、韓国もまた、元より対話路線を支持してきたドイツ政府を取り込むことで、国際的孤立を回避しようとしたかもしれないのです。

 第三の憶測としては、話し合い解決に持ち込みたい国際組織の意向です。上述したレセプションの主賓席には、アントニオ・グテーレス国連事務総長も着席しており、バッハ会長は、国連側の働きかけを受けた可能性も否定はできません。以上に3つの可能性を述べてきましたが、何れにしましても、今般のバッハ会長の動きには、北朝鮮問題をめぐる国際社会、特に、メルケル首相率いるドイツの現政権の動向が影響しているように思えます。そしてそれは、朝鮮半島南北の思惑とも一致しているため、国際社会で構築してきた対北制裁網を危うくしかねない重大なリスクを含んでいるのではないでしょうか。

No タイトル 投稿者 日時
3551 (連載2)やはり、日本にも「ネウボラ」が必要だ ←  (連載1)やはり、日本に 長島 昭久 2018-06-23 16:41
3550 (連載1)やはり、日本にも「ネウボラ」が必要だ 長島 昭久 2018-06-22 18:06
3549 (連載2)海洋帝国・英国の存在感と中国の思惑 ←  (連載1)海洋帝国・英国の 鈴木 美勝 2018-06-20 12:05
3548 (連載1)海洋帝国・英国の存在感と中国の思惑 鈴木 美勝 2018-06-19 13:36
3547 日本国では民主主義が機能していない? 倉西 雅子 2018-06-18 11:19
3546 韓国情勢と背後に見え隠れする権力について 真田 幸光 2018-06-15 11:36
3545 (連載2)移民受け入れ拡大方針 ←  (連載1)移民受け入れ拡大方針 倉西 雅子 2018-06-14 10:16
3544 (連載1)移民受け入れ拡大方針 倉西 雅子 2018-06-13 13:52
3543 (連載2)「歴史のリセット」を夢想するドイツ新右翼 ←  (連載1)「歴史のリ 六辻 彰二 2018-06-12 10:40
3542 (連載1)「歴史のリセット」を夢想するドイツ新右翼 六辻 彰二 2018-06-11 10:35
3541 責任論より権力維持が世界の流れ 中村  仁 2018-06-08 10:58
3540 (連載2)イラン問題とBREXITについて ←  (連載1)イラン問題とBRE 真田 幸光 2018-06-07 10:59
3539 (連載1)イラン問題とBREXITについて 真田 幸光 2018-06-06 12:15
3538 中国による5G日中共有提案に警戒を 倉西 雅子 2018-06-05 10:40
3537 時間軸 緒方 林太郎 2018-06-04 14:15
3536 (連載2)なぜ5月14日に米国はエルサレムで大使館 ←  (連載1)なぜ5月1 六辻 彰二 2018-06-02 18:39
3535 (連載1)なぜ5月14日に米国はエルサレムで大使館を開設したか 六辻 彰二 2018-06-01 11:23
3534 官僚に嘘を強いる政治権力の非情 中村  仁 2018-05-31 14:23
3533 北朝鮮の戦略について 真田 幸光 2018-05-30 10:28
3532 中国モデルの「IT革命」は中国限定では 倉西 雅子 2018-05-28 16:29

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]