e-論壇「議論百出」 e-論壇「議論百出」 グローバル・フォーラム グローバル・フォーラム
 「議論百出」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
AIの弱点-人の感情が読めない   
投稿者:倉西 雅子 (神奈川県・女性・政治学者・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2018-03-12 10:15 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3480
 最近のメディアの報道ぶりからしますと、近い将来、人類は、AIに支配されそうな予感がします。しかも、独占的なプラットフォームを構築した米中の情報通信企業が世界を二分する勢力図が描かれ、他の諸国は、ニッチ戦略をとるしかサバイバルの道はないとする意見さえ聞こえてきます。しかしながら、AIには、重大な弱点があるように思えます。それは、高度な情報分析や複合的な要因が絡み合う複雑な問題に対して自発的に解を導くことができても、感情がないという点です。AIの無感情性は、感情を交えてはならない分野では、存分にその威力を発揮します。好悪、怒り、自己愛といった主観的な感情は、しばしば人間の判断力を曇らせ、誤った判断に導くからです。人間の感情に起因するヒューマン・エラーを回避し、あらゆる偏見を排して的確、あるいは、最適解を得たいならば、人間よりもAIの方が優れているかもしれません(もっとも、AIにインプットされたデータに偏りがある場合には、AIもまた、完全に客観的な判断を下せなくなる…)。将来的には、データの客観性が確保されている場合には、こうした分野においてこそ、AIは幅広く実用化されてゆくことでしょう。

 その一方で、メディアが喧伝しているように、ビックデータの活用により商業やサービス業等にまでAIが進出するのか、と申しますと、それは些か懐疑的にならざるを得ません。もちろん、事務的な作業についてはAIに任せられる業務もありましょうが、一般消費者や顧客を相手とする業種に関しては、AIの無感情がその普及を妨げる可能性があります。先日、顔認証システムをファースト・フードの店舗に取り入れれば、新たなサービスが開発されるとする記事が新聞に掲載されていました。それは、顧客が店内に入った途端、設置されたカメラによる映像情報からAIがその人が誰であるのかをアイデンティファイし、過去の注文履歴から解析してその日の推薦メニューを提示するというものです。アマゾンでも、実店舗の天井にカメラを設置し、顧客がそのお店を出るときには、その人が店内で購入した商品を全てスマホ決済で済ませてしまうというシステムを開発中なそうです。

 ところが、人間には、自らの行動に関する情報を他者に知られたり、他者から監視されることに対する不快感、あるいは、羞恥心という感情があります。個人情報がプライバシーとして法的に保護される理由も、公や他者に関わらない限り、自己に関する私的情報は自らの権利であるとするコンセンサスに基づいています。ところが、AIの活用によって誕生する新たなサービスの大半は、個人情報の大量集積に基づくものですので、否が応でも、人々の不快感や羞恥心を刺激してしまうのです。例えば、お店に入った途端に、顔認証と過去のデータからとんでもない商品やメニューを店内の掲示画面で提示されましたら、怒り出したり、赤面する人も少なくないはずです。また、犯罪防止目的を越えて、始終カメラ等で監視されているとなりますと、居心地の悪さにお店から飛び出したくなるかもしれません。AIはデータ解析はできても人の感情を読めませんので、顧客の心を掴むのが苦手なのです。

 もっとも、こうしたAIの弱点は、中国といった全体主義国では、国民統制のための強力な手段となります。国民の感情を無視して私的領域にまで政府が踏み込み、その一挙一動を監視することができるからです。このように考えますと、少なくとも自由主義国では、AIの普及には限界があるように思えます。科学技術の発展が人類を幸せにするのか、ここで一旦立ち止まり、深く考えてみる必要がありそうです。

No タイトル 投稿者 日時
3611 (連載2)経済の出口 ←  (連載1)経済の出口 緒方 林太郎 2018-09-22 17:15
3610 (連載1)経済の出口 緒方 林太郎 2018-09-21 19:53
3609 真のグローバル・ルールとは 倉西 雅子 2018-09-19 11:25
3608 五輪向けサマータイムは結局廃案か 中村  仁 2018-09-18 11:56
3607 中国本土企業の発展の背後にある中国本土のダブルスタンダード戦略について 真田 幸光 2018-09-17 00:54
3606 (連載2)朝鮮戦争を法的に処理するには ←  (連載1)朝鮮戦争を法的に処理す 倉西 雅子 2018-09-14 10:20
3605 (連載1)朝鮮戦争を法的に処理するには 倉西 雅子 2018-09-13 02:32
3604 (連載2)リラ急落で中国に急接近するトルコ ←  (連載1)リラ急落で中国に急 六辻 彰二 2018-09-12 00:00
3603 (連載1)リラ急落で中国に急接近するトルコ 六辻 彰二 2018-09-11 07:03
3602 世界貿易について 真田 幸光 2018-09-09 11:46
3601 (連載3)憲法改正における防衛関連条項 ←  (連載2)憲法改正における防衛関 佐藤 有一 2018-09-06 11:24
3600 (連載2)憲法改正における防衛関連条項 ←  (連載1)憲法改正における防衛関 佐藤 有一 2018-09-05 11:26
3599 (連載1)憲法改正における防衛関連条項 佐藤 有一 2018-09-04 10:40
3598 (連載2)台湾の国家承認 ←  (連載1)台湾の国家承認 緒方 林太郎 2018-09-04 10:36
3597 (連載1)台湾の国家承認 緒方 林太郎 2018-09-03 12:18
3596 中国には真の大国の風格をもつよう期待する 真田 幸光 2018-08-31 12:02
3595 トランプ政権は中国の覇権主義を粉砕せよ 加藤 成一 2018-08-30 11:21
3594 (連載2)「人材開国」は明治の開国とは全く違う ←  (連載1)「人材開国」は 倉西 雅子 2018-08-28 10:48
3593 (連載1)「人材開国」は明治の開国とは全く違う 倉西 雅子 2018-08-27 11:46
3592 宙ぶらりんな台湾 岡本 裕明 2018-08-27 11:42

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]