e-論壇「議論百出」 e-論壇「議論百出」 グローバル・フォーラム グローバル・フォーラム
 「議論百出」へようこそ。投稿へのコメントでないご意見は「新規投稿する」ボタンをクリックして投稿してください。
 なお、投稿記事を他所において引用、転載する場合は、その記事の出所が当e-論壇であることを明記してください。

投稿日で検索  //// 
キーワードで検索   
※キーワードはスペースで区切って複数の言葉を入力できます。
  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]
“全世代型社会保障”とは社会・共産主義化のことでは?   
投稿者:倉西 雅子 (神奈川県・女性・政治学者・50-59歳) [投稿履歴]
投稿日時:2017-11-08 10:43 [修正][削除]
>>>この投稿にコメントする
No.3405
 今般の衆議院選挙では、少子高齢化対策として、各政党とも揃って老齢世代に重点が置かれていた予算配分を若年層に厚くする政策を打ち出していました。政府もまた、全ての世代に対する社会保障を充実させる方針のようですが、“全世代型社会保障”とは、社会・共産主義化のことではないでしょうか。

 老齢世代に社会保障が偏る主たる理由は、高齢化が、誰もが避けて通れない“リスク”であるからです。退職後にあっては、給与所得という安定的な収入源を失いますので、公的年金制度は国民の生涯を支える重要な所得リスクの管理制度と言えます。また、健康保険制度が高齢者に手厚く設計されている理由も、収入の減少に加えて身体機能が衰える高齢者ほど疾病に罹りやすい傾向にあり、健康リスクに応える必要があるからです。介護保険制度も同様ですが、社会保障制度の基本設計は、国民のリスク管理にあります。この観点からすれば、高齢者に社会保障の配分が偏るのも(もっとも、公的年金制度では保険料は国民負担…)、合理的な根拠がないわけではないのです。社会保障制度の基本的な目的がリスク管理にあるとしますと、若年層や中年層に対する制度については、高齢者ほどには包括的、かつ、一律の制度を要するのか、疑問の余地があります。何故ならば、働き盛りの現役世代であるために所得リスクや健康リスクが殆どないか、極めて低く、リスク管理の必要性が比較的低いからです。社会保障の基本設計がリスク管理であるとしますと、リスクのない、あるいは、リスクの低い世代に対しては、所得リスクや健康リスク等に直面している人々に対象を絞ってセーフティーネットを提供する手法の方が、自由主義国における保守系政権では、むしろ一般的であったとも言えます。

 その一方で、誕生から死に至るまでの国民の生涯を全面的に保障しようとする考え方は、ナショナル・ミニマムとも呼ばれ、社会・共産主義国において制度化されてきた歴史があります。社会・共産主義の社会保障制度にあってはリスク管理の意味合いは薄く、統制経済に組み込まれた配分システムとして機能してきたのです。その公的配分が、たとえ貧困レベルであったとしても。また、“揺り籠から墓場まで”と称されたように、イギリスなどの自由主義国でも、左派政権が誕生すると、同様の全世帯型の政策が実施されました。しかしながら、財政悪化、深刻なスタグフレーション、勤労意欲の低下、貧困の罠など、様々な経済的病理が観察されたため、80年代以降は、是正が試みられたのです。

 こうした社会保障制度の基本的な考え方の違いを考慮した上で、全世代型社会保障を見ますと、統制経済との関連性はありませんし、政策目的も名目上は少子高齢化対策ですが、その発想や基本設計は、リスク管理よりも国民の全面的生涯保障に大きく傾いています(社会・共産主義と新自由主義の融合?)。この現象と並行するかのように保守とリベラルとの境の曖昧化が議論されており、今日の政治状況を見ますと、むしろ、政治全般における社会・共産主義化、あるいは、新種の全体主義化が、国民には見えない水面下において秘かに進行しているのではないかと疑うのです。

No タイトル 投稿者 日時
3511 (連載2)自由放任のネットテレビの公共性 ←  (連載1)自由放任のネットテレ 中村 仁 2018-04-20 12:28
3510 (連載1)自由放任のネットテレビの公共性 中村  仁 2018-04-19 18:56
3509 (連載2)世界秩序の枢軸のユーラシア回帰は何をもた ←  (連載1)世界秩序の 宇山 智彦 2018-04-19 11:00
3508 (連載1)世界秩序の枢軸のユーラシア回帰は何をもたらすか 宇山 智彦 2018-04-18 11:09
3507 防衛産業の発展と韓国について 真田 幸光 2018-04-17 11:02
3506 “北朝鮮の核放棄”と“朝鮮半島の非核化”との違いは深刻 倉西 雅子 2018-04-16 12:26
3505 (連載2)テレビは自由であるべきか ←  (連載1)テレビは自由であるべきか 六辻 彰二 2018-04-13 13:32
3504 (連載1)テレビは自由であるべきか 六辻 彰二 2018-04-12 16:50
3503 (連載2)米国の通商外交姿勢と日中韓について ←  (連載1)米国の通商外交姿 真田 幸光 2018-04-11 11:23
3502 (連載1)米国の通商外交姿勢と日中韓について 真田 幸光 2018-04-10 17:48
3501 軍事大国中国は自由貿易体制が生み出したモンスター 倉西 雅子 2018-04-09 17:45
3500 (連載2)日本政府はなぜトランプに足元をみられるか ←  (連載1)日本政府は 六辻 彰二 2018-04-06 11:32
3499 (連載1)日本政府はなぜトランプに足元をみられるか 六辻 彰二 2018-04-05 18:16
3498 日本社会における国際法の認知度の低さ 篠田 英朗 2018-04-05 13:04
3497 ベーシックインカムは人類衰退の道 倉西 雅子 2018-04-03 11:39
3496 力の論理と世界について 真田 幸光 2018-04-02 11:08
3495 北京での招聘講義 池尾 愛子 2018-03-30 11:58
3494 ガラパゴス化が進む金融財政政策 中村  仁 2018-03-30 10:30
3493 Rexitの後に来るもの 大井 幸子 2018-03-29 16:29
3492 米中対立と日朝平壌宣言は両立しない 倉西 雅子 2018-03-28 20:18

  <<前の20件 | 最新|次の20件>>  [ スレッド一覧 | *タイトル一覧 | 投稿一覧]